トップ > 主婦 カードローン > ハードルが上がった主婦のカードローン

ハードルが上がった主婦のカードローン

配偶者貸付を利用するには、婚姻関係を証明する書類として、戸籍謄本や住民票が必要となる他に、夫からの同意書も必要になります。
つまり、全ては夫に「筒抜け」になるのです。
夫たるもの、自分の妻に「カードローンを利用したい」などと持ちかけられれば、大抵、いい顔はしないものです。
何に使うのか尋ねられるかもしれません。
あるいは、甲斐性なしと宣告されたような気持ちになり、夫婦間が気まずい雰囲気に包まれることも十二分に考えられます。
「昔、質屋通い、今、カードローン」と、家計を預かる主婦の悩みの種は、昔も今も尽きることはありません。
借金がだめならば、パートに出るなど、の選択肢も視野に入れるべきかもです。
くれぐれも闇金に手を出してはダメです。
貸金業というか、正業ですらない彼らは、お金を脅し取る口実を作るためにお金を貸すのです。

主婦 カードローン
主婦のカードローンは総量規制によってハードルが高くなりましたが、配偶者貸付制度を使えば…。

前の記事 | 次の記事

関連記事
あいうえお経済