トップ > 総量規制 主婦 > 改正貸金業法「総量規制」で主婦はどうなる?

改正貸金業法「総量規制」で主婦はどうなる?

周知のように、改正貸金業法の完全施行を発端として、キャッシング業界に根本的な変革の波が押し寄せています。
改革の柱の一つとなる「総量規制」は、特に主婦層などへの影響は大と考えられます。
総量規制とは、簡単に言えば、年収の3分の1を超える貸し付けはできないというものです。
本来の目的は、過剰な貸付の抑制、違法な闇金業者などを締め出し、業界の健全化を図るというものです。
これまで、夫の給料日前にピンチになって、ついキャッシングに...という経験を持つ主婦もいたかもしれません。
しかし、今や、クレジットカードを持っていても、キャッシングができない事態に陥ってしまうのです。
そもそもは、無節操な貸し付けをなくそうというのが、総量規制を含む法改正の趣旨です。
しかしながら、定収入のない主婦や学生には、重い足かせとなりそうです。

総量規制 主婦
改正貸金業法「総量規制」で主婦はどうなるのか。その壁をクリアして主婦がキャッシングする方法はないのか…。

前の記事 | 次の記事

関連記事
あいうえお経済