トップ > 総量規制 主婦 > 総量規制を乗り越えて主婦がキャッシングする方法

総量規制を乗り越えて主婦がキャッシングする方法

杓子定規に考えれば、収入がゼロの場合、3分の1という値をかけようが、借入可能額はゼロのままです。
それでも、専業主婦が、全くキャッシングできなくなる訳ではありません。
「配偶者貸付」という制度を利用すれば、配偶者つまり夫の同意の元で、借り入れが可能になるのです。
借入可能額は、夫の収入と合算して計算され、総量規制の壁はクリアできることになります。

配偶者貸付を利用するには、いろいろと書類が必要になります。
夫からの同意書の提出に加えて、戸籍謄本、住民票などの婚姻関係を証明する書類の提出も必要になります。つまり、全て夫に「筒抜け」になるのです。
これからは、主婦が夫に内緒でキャッシングするなど不可能になるでしょう。
総量規制は、夫婦というか家族のあり方をも変えることになるのかも知れません。

総量規制 主婦
改正貸金業法「総量規制」で主婦はどうなるのか。その壁をクリアして主婦がキャッシングする方法はないのか…。

前の記事 | 次の記事

関連記事
あいうえお経済