トップ > キャッシングの法改正 > キャッシングが厳しくなる?法改正。

キャッシングが厳しくなる?法改正。

改正貸金業法の完全施行で、上限金利が年率20%以内に抑えられます。
さらに、総量規制により、利用者の年収の3分の1を超える金額の貸し付けは禁止となります。
業界の側では、法改正の2010年6月完全施行を待たずして、金利を下げたりなど、あれこれ企業努力に勤しんでいます。
いわゆるグレーゾーン金利などの旨みがなくなり、少しでも収益を上げようと、生き残りをかけて必死の攻防が続けられているのです。
一方、利用者の側でも、キャッシングを申し込む際に年収を証明する書類の提出が求められるなど、条件が一層厳しくなっています。
法改正で「キャッシングができなくなった」という人は、今後、増加することが予想されます。
ただ、いろいろきびしくなったからといって、闇金などには絶対に手を出してはいけません。

キャッシングの法改正
法改正の二大柱は「改正割賦販売法」と「改正貸金業法」。これによってキャッシングが業界もユーザーも大きく揺れ動いています。

前の記事 | 

関連記事
あいうえお経済