トップ > 総量規制 主婦

総量規制 主婦

改正貸金業法「総量規制」で主婦はどうなるのか。その壁をクリアして主婦がキャッシングする方法はないのか…。
*********

改正貸金業法「総量規制」で主婦はどうなる?

周知のように、改正貸金業法の完全施行を発端として、キャッシング業界に根本的な変革の波が押し寄せています。
改革の柱の一つとなる「総量規制」は、特に主婦層などへの影響は大と考えられます。
総量規制とは、簡単に言えば、年収の3分の1を超える貸し付けはできないというものです。
本来の目的は、過剰な貸付の抑制、違法な闇金業者などを締め出し、業界の健全化を図るというものです。
これまで、夫の給料日前にピンチになって、ついキャッシングに...という経験を持つ主婦もいたかもしれません。
しかし、今や、クレジットカードを持っていても、キャッシングができない事態に陥ってしまうのです。
そもそもは、無節操な貸し付けをなくそうというのが、総量規制を含む法改正の趣旨です。
しかしながら、定収入のない主婦や学生には、重い足かせとなりそうです。

総量規制を乗り越えて主婦がキャッシングする方法

杓子定規に考えれば、収入がゼロの場合、3分の1という値をかけようが、借入可能額はゼロのままです。
それでも、専業主婦が、全くキャッシングできなくなる訳ではありません。
「配偶者貸付」という制度を利用すれば、配偶者つまり夫の同意の元で、借り入れが可能になるのです。
借入可能額は、夫の収入と合算して計算され、総量規制の壁はクリアできることになります。

配偶者貸付を利用するには、いろいろと書類が必要になります。
夫からの同意書の提出に加えて、戸籍謄本、住民票などの婚姻関係を証明する書類の提出も必要になります。つまり、全て夫に「筒抜け」になるのです。
これからは、主婦が夫に内緒でキャッシングするなど不可能になるでしょう。
総量規制は、夫婦というか家族のあり方をも変えることになるのかも知れません。


▼▼
あいうえお経済